トップページ > 八幡講崇敬会

八幡講崇敬会について

崇敬会員(八幡講員)

宇佐神宮は全国の八幡社の総本宮として、古来伊勢の神宮に次ぐ「宗廟(そうびょう)」と称えられ尊崇されてきた、勅祭の大社です。

奉幣祭(勅祭)にむけて、崇敬者の皆様より御浄財を募り、神苑の整備等を行っております。八幡講崇敬会ではこの趣旨にご賛同いただき、一口金壱万円以上ご奉納された方を崇敬会員(八幡講員)として講員台帳に登録致しております。

講員敬神生活の綱領

一、八幡大神の大御心を戴奉り、日々大御恵に感謝すること

一、八幡大神の自ら示し給へる顕正懲悪の神教を、
人の踏み行く誠 の道として戴きて、清く正しく生きること

一、大御恵の光の中に共に睦び和らぎ、八幡講の発展に尽くすこと

八幡講の勧め

入講されますと下記の待遇を受けることができます

奉賛金御奉納の都度その全てを台帳に記入し、10年間の合計額をもって臨時奉幣祭(勅使祭)にご案内致します。

夏越大祭・初詣・大祓(夏越・年越)等のご案内が届きます。また、奉賛金の金額に応じて、例祭・新嘗祭(にいなめさい)両大祭にご案内致します。

八幡講の勧め

祈願祭を申し込まれた場合、本殿への昇殿参拝のお取り扱いを致します。祈願祭受付時に、八幡講員である旨をお申し付けください。

毎月1日の式日祭、15日の月次祭、また毎朝行われる御日供祭に併せて、八幡講員の方の弥栄と御家運隆昌をご祈念申し上げております。

※八幡講員登録ご希望の方は下記お問い合せ先までご連絡願います。
お問い合せ
宇佐神宮庁内
宇佐神宮八幡講崇敬会本部

〒872-0102 大分県宇佐市大字南宇佐2859

TEL:0978-37-0001 / FAX:0978-37-2748

メールを送る

文字の大きさ

文字の拡大 標準 大 最大