トップページ > 新着情報

新着情報

神橋補修事業の御奉賛のお願い

 全国各地の八幡様の総本宮であります宇佐神宮は、寄藻川に架かる神橋(橋梁)を渡ることで、参拝者が森厳なる境内へ進むことができます。

 この境内に架かる神橋の内、表参道及び呉橋脇を彩る優美な二神橋(太鼓橋・騰隈神橋)は、戦前の昭和16年の御造営によるもので、既に75年が経過しておりますが、幸いにも今日に至るまで大規模な修繕を施すことなく使用されて参りました。

 しかしながら、平成28年4月に発生しました熊本・大分地震の発生直後に、万一の事態を憂慮して、この神橋の建物診断を実施したところ、二橋ともコンクリートの老朽化による劣化損傷が著しく、早急な補修塗装を必要としていることが判明しました。

 つきましては、御参拝の皆様の無事安全と神輿渡御をはじめ祭儀斎行に万全を期するため、境内「三橋(騰隈神橋・太鼓橋・白橋)」の補修事業を、下記により実施致したく存じますので、何卒、格別の思召しを以て、御浄財の御寄進を賜りますよう、お願い申し上げます。

【事業内容】

@「騰隈神橋・太鼓橋・白橋」補修及び塗装関係

A竣功式他祭典関係

B躯体調査及び管理関係

【工事期間(予定)】

・騰隈神橋
平成29年6月7日竣功予定
騰隈神橋補修工事ページへ
太鼓橋
平成30年2月より平成30年5月迄
・白橋
工事終了

【寄付募財のお申し込みについて】

(寄付金)

1口2,000円からお願い申し上げます。

10口以上ご奉賛の方は竣功式に御案内致します。

・浄財を御寄進戴けます方は、下記お問合せフォームにて「ご奉賛申し込み」の旨を書き添えて戴き、ご住所・お名前などをご記入の上、ご送信の程お願い申し上げます。改めて申込書を送付致します。

ご奉賛のお問合せ

騰 隈 神 橋

騰 隈 神 橋


桁下にひび割れと剥離がみられる

桁下にひび割れと剥離がみられる


路面にも剥離がみられる

路面にも剥離がみられる

宇佐神宮 崇敬奉賛課

〒872-0102 大分県宇佐市大字南宇佐2859

TEL:0978-37-0001

文字の大きさ

文字の拡大 標準 大 最大