トップページ > 新着情報

新着情報

宝物館特別展のご案内

この度、当神宮摂社である若宮神社に祀られる御祭神のお姿を現した木造神像(国指定重要文化財)展示の特別展を開催致します。

これまで完全非公開でありましたが、今回の特別展がはじめての一般公開となります。



若宮神社

若宮神社

【若宮神社について】
御輿掛より上宮へ上がる参道の途中に、若宮神社が鎮座されています。
仁寿2(852)年に造営創始され、「大鷦鷯命(おおささぎのみこと)」(仁徳天皇)、「大葉枝皇子(おおばえのみこ)」、「小葉枝皇子(こばえのみこ)」、「隼総皇子(はやぶさわけのみこ)」、「雌鳥皇女(めどりのみこ)」の5柱が祀られます。
 古来より明治に至るまで、若宮神社の本殿と拝殿の間に「炉」が設けられ、そこで「亀ト(きぼく)」という亀の甲羅を用いた占いが行われていました。
【若宮御神像について】
若宮神社の御祭神のお姿を現したとされる5躰の木像です。
平安時代のものとされ、昭和25年に国指定重要文化財となりました。
【展示場所】
宇佐神宮
宝物館第二展示室
宝物館ページはこちら
【展示期間】
平成30年4月25日(水)〜5月7日(月)まで
※5月1日(火)は臨時開館致します。
【拝観料】
常設展と併せての開催のため、宝物館入館料のみで拝観可能です。

お問い合わせ

宇佐神宮

〒872-0102 大分県宇佐市大字南宇佐2859

TEL:0978-37-0001 / FAX:0978-37-2748

文字の大きさ

文字の拡大 標準 大 最大