トップページ > 来月の行事予定

来月の行事予定

仲秋祭(ちゅうしゅうさい)

 奈良時代より明治13(1880)年まで「放生会」と呼ばれ祭礼が行われていました。

 放生会の事の起こりは、養老4(720)年、大隅国・日向国の隼人(はやと)等が大隅国守陽候史麻呂(おおすみのこくしゅ やこうのふひとまろ)を殺害した反乱からです。

 隼人族の反乱を鎮圧するため、大和朝廷は八幡神へ祈請し、薦枕(こもまくら)を神験(みしるし)(仮の神体)として神輿に奉じ、戦地である大隅・日向に赴きました。この時の神輿が、日本で初めての神輿とされています。

 「罪を憎んで人を憎まず」との八幡大神の御神意で、鎮圧された隼人の霊を慰め和間の浜へ蜷を散供したのが、放生会の始まりとなります。


 初日の10月7日、午後1時からの上宮での祭典の後、御本殿より神体が御神輿に遷り、宇佐神宮より8キロ離れた和間の浜の海上に建てられた浮殿(和間神社)まで御神幸されます。

 中日の10月8日には、「蜷饗祭(になあえさい)」(於 西貝神社)、「水神祭」(於 水之江神社)、「塩屋祭」(於 和間神社)の祭典が執り行われ、これらの祭典での御供えが、午前10時に斎行される「仲秋祭」(於 和間神社)にて供えられます。祭典終了後は和間の浜へ行き、神職により禊祓詞と祝詞が奏上され、蜷のアシヅトを開き散供する「放生式」が執り行われます。

 最終日、10月9日、午後1時、和間神社での祭典の後、再び神輿に御動座され、行列を組んで宇佐神宮御本殿へ御還幸されます。帰路の途中では、隼人の霊を祀る百体神社へ参拝します

来月の行事予定

放生式の様子

来月の行事予定

和間神社 浮殿

風除報賽祭(ふうじょほうさいさい)

 毎年8月7日に斎行される「風除祭」では、田畑の安全と豊作を祈念します。「風除報賽祭」は、五穀豊穣の祈念が成就したお礼として、報賽する祭典です。10月19日には御輿掛にて「鉾立神事(ほこたてしんじ)」、同月21日には能楽殿にて「御神能」が奉納されます。


 19日の鉾立神事は、氏子の方たちによって奉納される、「風神」・「雷神」の絵画等が描かれた、高さ約6mもの3本の笠鉾を立てます。隆昌を極めていた頃は、30本近く連立されていました。


 10月21日の御神能は、応永年間(1394年 -1427年)以後に申楽として始まったと伝えられており、戦乱の時代に一度途絶えるも元和5(1619)年には再興され、現在まで毎年奉納されています。能は観世流を主流とし、また地域性を重んじて「宇佐観世」として親しまれています。

来月の行事予定

鉾立神事

御輿掛の東側には「風神」、西側には「雷神」が描かれます。




法 華 三 昧

 法華三昧(ほっけざんまい)とは、天台宗九州東教区寺院・六郷満山寺院の僧侶により奉修される神前読経です。

 天台宗を開いた伝教大師最澄は、803年に桓武天皇より勅許を戴き「入唐求法」のため難波津(今の大阪港)を出港しました。途中暴風雨に遭い、九州の地に1年3カ月留まることになった最澄は、宇佐八幡に詣で入唐の満願成就を祈願しました。願いが叶い812年に帰国した最澄は、宇佐八幡にお礼参りに詣で、高僧のみに許される「紫衣(しえ)」を賜わったと伝えられています。その故実に則り、毎年この法華三昧が宇佐神宮御神前において奉修されています。

また来る平成30年には、神仏習合発祥の地国東半島は「六郷満山開山1300年」を迎えます。奇しくもこの年10月、宇佐神宮御神前では天台座主一代に一度のみ厳修される「法華八講(ほっけはっこう)」が斎行されることとなっています。

来月の行事予定

法華三昧(参進の様子)

祓所にてお祓いを受け、神職先導のもと、御本殿へ向かいます。

新嘗祭

 新嘗祭(にいなめさい)とは、毎年11月23日に宮中をはじめ全国の神宮・神社で斎行される、日本の伝統的な祭儀の1つです。「新」は新穀を「嘗」はご馳走を表し、神に新穀をお供えして、神の恵みと五穀豊穣を感謝する祭礼です。宮中においては、天皇陛下が新穀を神に献じ、それを自らも食されます。また、天皇の即位後、初めて斎行される新嘗祭を「大嘗祭(だいじょうさい)」と言います。

 新嘗祭と対をなす祭礼として、毎年2月17日に「祈年祭(きねんさい)」というその年の豊穣を祈願する祭典があります。

新嘗祭は、「大祭」という最上級の儀礼を以て斎行され、宇佐神宮では衣冠単の「正服」を著装した神職が斎館より上宮へ参進します。参進をする神職の内2名は、通常の神饌とは別にお供えをする稲束を、唐櫃に納め運びます。稲束は、大分県神道青年会にて奉納された稲を、各御殿分調製したものです。稲束の他、氏子崇敬者の皆様方よりご奉納いただいた多くの新米をお供えし、五穀豊穣を参拝者と共に感謝します。

来月の行事予定

宇佐神宮に献納する稲

稲を直径10cm弱程度になるまでまとめる。 重さは1束当たり、約2.5キロにもなる。




仲秋祭(ちゅうしゅうさい)

 奈良時代より明治13(1880)年まで「放生会」と呼ばれ祭礼が行われていました。

 放生会の事の起こりは、養老4(720)年、大隅国・日向国の隼人(はやと)等が大隅国守陽候史麻呂(おおすみのこくしゅ やこうのふひとまろ)を殺害した反乱からです。

 隼人族の反乱を鎮圧するため、大和朝廷は八幡神へ祈請し、薦枕(こもまくら)を神験(みしるし)(仮の神体)として神輿に奉じ、戦地である大隅・日向に赴きました。この時の神輿が、日本で初めての神輿とされています。

 「罪を憎んで人を憎まず」との八幡大神の御神意で、鎮圧された隼人の霊を慰め和間の浜へ蜷を散供したのが、放生会の始まりとなります。


 初日の10月7日、午後1時からの上宮での祭典の後、御本殿より神体が御神輿に遷り、宇佐神宮より8キロ離れた和間の浜の海上に建てられた浮殿(和間神社)まで御神幸されます。

 中日の10月8日には、「蜷饗祭(になあえさい)」(於 西貝神社)、「水神祭」(於 水之江神社)、「塩屋祭」(於 和間神社)の祭典が執り行われ、これらの祭典での御供えが、午前10時に斎行される「仲秋祭」(於 和間神社)にて供えられます。祭典終了後は和間の浜へ行き、神職により禊祓詞と祝詞が奏上され、蜷のアシヅトを開き散供する「放生式」が執り行われます。

 最終日、10月9日、午後1時、和間神社での祭典の後、再び神輿に御動座され、行列を組んで宇佐神宮御本殿へ御還幸されます。帰路の途中では、隼人の霊を祀る百体神社へ参拝します

来月の行事予定

放生式の様子

来月の行事予定

和間神社 浮殿

風除報賽祭(ふうじょほうさいさい)

 毎年8月7日に斎行される「風除祭」では、田畑の安全と豊作を祈念します。「風除報賽祭」は、五穀豊穣の祈念が成就したお礼として、報賽する祭典です。10月19日には御輿掛にて「鉾立神事(ほこたてしんじ)」、同月21日には能楽殿にて「御神能」が奉納されます。


 19日の鉾立神事は、氏子の方たちによって奉納される、「風神」・「雷神」の絵画等が描かれた、高さ約6mもの3本の笠鉾を立てます。隆昌を極めていた頃は、30本近く連立されていました。


 10月21日の御神能は、応永年間(1394年 -1427年)以後に申楽として始まったと伝えられており、戦乱の時代に一度途絶えるも元和5(1619)年には再興され、現在まで毎年奉納されています。能は観世流を主流とし、また地域性を重んじて「宇佐観世」として親しまれています。

来月の行事予定

鉾立神事

御輿掛の東側には「風神」、西側には「雷神」が描かれます。




文字の大きさ

文字の拡大 標準 大 最大