トップページ > 来月の行事予定

来月の行事予定

新嘗祭

 新嘗祭(にいなめさい)とは、毎年11月23日に宮中をはじめ全国の神宮・神社で斎行される、日本の伝統的な祭儀の1つです。「新」は新穀を「嘗」はご馳走を表し、神に新穀をお供えして、神の恵みと五穀豊穣を感謝する祭礼です。宮中においては、天皇陛下が新穀を神に献じ、それを自らも食されます。また、天皇の即位後、初めて斎行される新嘗祭を「大嘗祭(だいじょうさい)」と言います。

 新嘗祭と対をなす祭礼として、毎年2月17日に「祈年祭(きねんさい)」というその年の豊穣を祈願する祭典があります。

新嘗祭は、「大祭」という最上級の儀礼を以て斎行され、宇佐神宮では衣冠単の「正服」を著装した神職が斎館より上宮へ参進します。参進をする神職の内2名は、通常の神饌とは別にお供えをする稲束を、唐櫃に納め運びます。稲束は、大分県神道青年会にて奉納された稲を、各御殿分調製したものです。稲束の他、氏子崇敬者の皆様方よりご奉納いただいた多くの新米をお供えし、五穀豊穣を参拝者と共に感謝します。

来月の行事予定

宇佐神宮に献納する稲

稲を直径10cm弱程度になるまでまとめる。 重さは1束当たり、約2.5キロにもなる。




仲秋祭(ちゅうしゅうさい)

 奈良時代より明治13(1880)年まで「放生会」と呼ばれ祭礼が行われていました。

 放生会の事の起こりは、養老4(720)年、大隅国・日向国の隼人(はやと)等が大隅国守陽候史麻呂(おおすみのこくしゅ やこうのふひとまろ)を殺害した反乱からです。

 隼人族の反乱を鎮圧するため、大和朝廷は八幡神へ祈請し、薦枕(こもまくら)を神験(みしるし)(仮の神体)として神輿に奉じ、戦地である大隅・日向に赴きました。この時の神輿が、日本で初めての神輿とされています。

 「罪を憎んで人を憎まず」との八幡大神の御神意で、鎮圧された隼人の霊を慰め和間の浜へ蜷を散供したのが、放生会の始まりとなります。


 初日の10月7日、午後1時からの上宮での祭典の後、御本殿より神体が御神輿に遷り、宇佐神宮より8キロ離れた和間の浜の海上に建てられた浮殿(和間神社)まで御神幸されます。

 中日の10月8日には、「蜷饗祭(になあえさい)」(於 西貝神社)、「水神祭」(於 水之江神社)、「塩屋祭」(於 和間神社)の祭典が執り行われ、これらの祭典での御供えが、午前10時に斎行される「仲秋祭」(於 和間神社)にて供えられます。祭典終了後は和間の浜へ行き、神職により禊祓詞と祝詞が奏上され、蜷のアシヅトを開き散供する「放生式」が執り行われます。

 最終日、10月9日、午後1時、和間神社での祭典の後、再び神輿に御動座され、行列を組んで宇佐神宮御本殿へ御還幸されます。帰路の途中では、隼人の霊を祀る百体神社へ参拝します

来月の行事予定

放生式の様子

来月の行事予定

和間神社 浮殿

風除報賽祭(ふうじょほうさいさい)

 毎年8月7日に斎行される「風除祭」では、田畑の安全と豊作を祈念します。「風除報賽祭」は、五穀豊穣の祈念が成就したお礼として、報賽する祭典です。10月19日には御輿掛にて「鉾立神事(ほこたてしんじ)」、同月21日には能楽殿にて「御神能」が奉納されます。


 19日の鉾立神事は、氏子の方たちによって奉納される、「風神」・「雷神」の絵画等が描かれた、高さ約6mもの3本の笠鉾を立てます。隆昌を極めていた頃は、30本近く連立されていました。


 10月21日の御神能は、応永年間(1394年 -1427年)以後に申楽として始まったと伝えられており、戦乱の時代に一度途絶えるも元和5(1619)年には再興され、現在まで毎年奉納されています。能は観世流を主流とし、また地域性を重んじて「宇佐観世」として親しまれています。

来月の行事予定

鉾立神事

御輿掛の東側には「風神」、西側には「雷神」が描かれます。

小笠原流大的式

 12月3日(日)午後1時より、宇佐神宮境内御輿掛において「小笠原流大的式(おがさわらりゅうおおまとしき)」が奉納されます。

 大的式に先立ち、小笠原流の重要な儀式である「蟇目(ひきめ)の儀」が行われます。穴を空けた特殊な矢尻(鏃)である蟇目鏑(ひきめかぶら)を用い、矢を放つと風を切って飛ぶ際に空気が矢尻の穴に共鳴して「ヒョウ」という鋭い音を響かせます。その音により、天下の邪悪を祓い清めるとされます。

 続く大的式は、小笠原流では最も厳格な弓の儀式とされており、除魔の意味を込めて平安時代頃から公家の射礼として行われていたようです。的は五尺二寸(約156p)と定められており、通常弓道における遠的競技の的の、約1.5倍の大きさとなります。

射手は前弓、後弓各3人からなり、太郎・三郎、五郎・六郎、四郎・関の順に、各自白羽の矢一手(ひとて・2本)を用いて弓を引きます。

大祓

 大祓(おおはらえ)は毎年6月30日及び12月31日に斎行されます。

 大祓とは、半年間で知らず知らずのうちに犯したであろう自らと社会の罪穢れを、形代を用い祓い去り心身を清める神事です。

 12月31日に斎行される大祓は「年越の大祓」と称され、新年を迎えるに当たり、新たな気持ちで今後の生活を過ごしていくための神事です。

 6月の「夏越の大祓」と同様に、解縄串(ときなわぐし)・切麻・裂布等といった特殊な祓具を用い、神職を始め参列者、全国各地の崇敬者より送られた形代(かたしろ)をお祓いします。

 形代とは、ご本人の身の代として罪穢れを受ける祓具であり、祓い後は神職により、寄藻川へ流されます。

来月の行事予定

<大祓の参列をご希望の方>

当日午後2時45分までに、神宮庁手水舎前受付にお越しください。

初穂料は1,000円以上お志のお納めとなります。

※遠方等の事情により参列の困難な方は、宇佐神宮へご連絡ください。形代及び案内状をご送付申し上げます。

宇佐神宮 TEL:0978-37-0001


詳細はこちらから




11月 行事予定

来月の行事予定

新嘗祭

 新嘗祭(にいなめさい)とは、毎年11月23日に宮中をはじめ全国の神宮・神社で斎行される、日本の伝統的な祭儀の1つです。「新」は新穀を「嘗」はご馳走を表し、神に新穀をお供えして、神の恵みと五穀豊穣を感謝する祭礼です。宮中においては、天皇陛下が新穀を神に献じ、それを自らも食されます。また、天皇の即位後、初めて斎行される新嘗祭を「大嘗祭(だいじょうさい)」と言います。

 新嘗祭と対をなす祭礼として、毎年2月17日に「祈年祭(きねんさい)」というその年の豊穣を祈願する祭典があります。

新嘗祭は、「大祭」という最上級の儀礼を以て斎行され、宇佐神宮では衣冠単の「正服」を著装した神職が斎館より上宮へ参進します。参進をする神職の内2名は、通常の神饌とは別にお供えをする稲束を、唐櫃に納め運びます。稲束は、大分県神道青年会にて奉納された稲を、各御殿分調製したものです。稲束の他、氏子崇敬者の皆様方よりご奉納いただいた多くの新米をお供えし、五穀豊穣を参拝者と共に感謝します。

来月の行事予定

宇佐神宮に献納する稲

稲を直径10cm弱程度になるまでまとめる。 重さは1束当たり、約2.5キロにもなる。




文字の大きさ

文字の拡大 標準 大 最大